ABOUT US


0じゃない。あなたのチカラ―フィリピン孤児院滞在ワークキャンプ

2008年夏第1回・第2回ワークキャンプ開催決定!
参加者募集中!

HoScAが支援している「放棄された」子どもたちのための第2のホーム、P&J Children's Home and Villageでは今、施設拡充の時期を迎えています。

そこで!ボラスタツアーなどで年間100名近くの若者たちと共に活動してきたHoScAでは、2008年夏、第2のホームのために共にワークするボランティアを募集中です!

とりあえず体を動かしたい!誰かのためにがんばりたい!そんなあなたを待っています!!

CONTENTS
どう違う?ボラスタツアーとワークキャンプ

ボラスタツアーとワークキャンプ、どちらに参加しようか迷っている方、そもそもどう違うの?と言う方、比較検討のために概要を下表にまとめましたので、申込みの際の参考にしてください。
*どちらも、フィリピンの同じ孤児院敷地内に建てられゲストハウスに滞在します。

ボラスタツアーワークキャンプ
リンク
特徴「行ってきただけ」じゃない、「学び」のあるボランティア+スタディーツアーがボラスタツアーの特徴です。

―フィリピンにある孤児院滞在期間中、ただボランティア活動をするだけでなく、現地で観て、聞いて、体験したことを振り返るための参加者同士のシェアリング(フィードバック・ミーティング)や、フィリピンでなぜ子ども達が「放棄され」てしまうのかを考え、「自分にできること」を見出し帰国後のアクションにつなげるためのワークショップなど。随所に学びを取り入れています。
「ゼロじゃない。あなたのチカラ」を最大限発揮して、体を使う作業ボランティアを行うのがワークキャンプ。

―食料価格が高騰する中、寄付金に頼らないフィリピン人のための、フィリピン人による施設運営を目標とするP&Jの食糧自給と収益事業の基礎となる魚の養殖プール建設作業や、子ども達の成長に伴い必要性の高まっている学習机などの家具製作をお手伝いします。

「手の足りない部分」を補うワーク・ボランティアです。
滞在フィリピン共和国・バタアン州・バラガ市
「放棄された」子どもたちの第2のホーム
NPO P&J Children's Home and Village敷地内ゲストハウス
滞在期間5日間・7日間・11日間
(参加回により異なります)
原則として14日間
8月18日〜31日の間で
7日間・8日間設定有
主な活動P&Jの子ども達のお世話ボランティア
公立孤児院出張ボランティア
参加者同士のシェアリング
総括ワークショップなど
魚の養殖用プール建設
学習机等家具製作
その他、排水設備整備作業など

*別途、ボラスタツアーアクティビティにオプションとして参加が可能です。
その他参加回によって、現地小学生との交流会企画・実施や、保育園への出張授業が含まれています。

子どもたちと触れ合う時間は、ワークキャンプ日程(オプションを何もつけなかった場合)よりも、多く持つことができます。
作業は日中陽射しの強烈な時間帯を避けて、朝・夕の比較的涼しい時間帯で行います。
作業時間以外はフリータイムとなりますので、ボラスタツアー内のアクティビティにオプショナルで参加したり、ゆっくり休んだり、思い思いに過ごすことができます。

子どもたちとより多くの時間を過ごしたい方は、オプショナル・アクティビティの「公立孤児院ボランティア」や「小学生との交流会」へのお申込をおすすめします。